練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ

「患者様に癒しの空間を」 そんな女性ならではの、サロンのようなクリニックを作るのが夢。 女らしく魅力的な女性になる為に、自分磨きも頑張ります!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・

☆ゆうかデンタルクリニック☆


2013年7月1日より、歯科クリニックを開院させて頂きました。

現在、毎月1000名を超える患者様にご来院頂いております。

地域の皆様が定期的に通いたくなるような空間づくりを目指して邁進していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


電子マネー、クレジットカード決済可能。

院内段差無し&土足のままOK!

全室ベビーカーも一緒に入れる個室診療室。

ファミリーで入れる広いお部屋もあり。

お一人様30分〜60分の枠でじっくりと診療させて頂いております。


歯科医師3名、口腔外科医1名、矯正歯科医1名、歯科衛生士5名、助手&受付6名の体制で、

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

              院長 土田裕郁(つちだ ゆうか)


医院名:ゆうかデンタルクリニック
場 所:東京都練馬区高野台5-19-11



大きな地図で見る

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・

運転注意

Happy Valentine

義理チョコすら買わなくなると、なんだか寂しいですね




今日は、ハッピーな気分な方が多いであろう中、私は、一日へこんでいました

車がへこんだから。

そう、またヤッちゃいました。。。

朝、眠かったので、ガムを噛んで運転していました。

しかし、一瞬、完全に意識が飛んでしまい、助手席側の縁石に乗り上げタイヤがパンク

その衝撃で我に返りました。

息子が乗っていなくて良かった。

歩行者がいなくて良かった。

怪我しなくて良かった。

このままだと、いつか大きな事故を起こしてしまいそうで、運転するのが怖いです。

運転に集中してなくて、注意力に欠けてしまっているのかな。

父には、脳神経外科を勧められるし

何かあってからでは遅いので、本当に気を付けたいと思います。




誰か、私の運転手してくれませんか~

保育園

2012021213220000

うちのワンコの赤ちゃんの時みたいだったので、思わずパシャリ








今日は、息子の保育園の説明会でした。

落ち着かない様子で、キョロキョロ

2012021312510000



最初は、園服を着てご機嫌

2012021313010000


普段、同年代の子供と遊んでないので、どう接して良いのか分からないのでしょう。

BlogPaint

しつこい。。。

相手の4歳児、泣いちゃいました

その他、オモチャの取り合いをし相手を泣かしたり。

はあ~

元気なのは良いが、見ているこっちがハラハラします


保育園で色んな事を学んで成長していく姿をみるのが楽しみです

フッ素を取り込みましょう!

何ということでしょう。。。

息子の右上Bの歯頸部に白濁したものが~

ママはショックです

しかし、できてしまったものは仕方がない

普段からフッ素入り歯磨き粉を使用しているのですが、より念入りに歯磨きです

image

2012021218150000

歯科医院で購入できますよ




ここで、ちょっとむし歯のお話


ph

食事を摂ると、2~3分でプラーク(歯垢)のphは酸性に傾き、歯の脱灰が始まります。

唾液によって、約20~40分間でプラーク中のphが上昇し、再石灰化が始まります。



zu_a

食事をする度に脱灰がおこり、3回の食事と1回の間食をする規則正しい食生活では、トータルでの脱灰時間が少なくてすみ、再石灰化の為の時間が長くなるためむし歯の危険は少なくてすみます。


zu_b

間食の多い食生活では、トータルの脱灰時間が長く、再石灰化の時間が少ないのでむし歯の危険が増します。

寝ている間は、唾液の分泌が低下し再石灰化の力がうまく働かないため、寝る前の飲食は最も危険です。




歯の表面では、食事のたびに脱灰と再石灰化が行われています。

脱灰によって、歯から唾液中に溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンは、再石灰化により再び歯に取り戻されます。

この時、フッ素イオンも一緒に歯に取り込むことができると、歯質はフルオロアパタイトという硬く強い結晶構造を作り、酸によって溶かされにくい歯になります。

毎日のブラッシングの時に、フッ素を補給することで酸に負けない強い歯を作る事ができるのです!

むし歯の予防対策には、フッ素の力が一番効果的だと考えられています。

生えてきたばかりの歯(幼若永久歯)は、成熟するまでに数年かかります。

フッ素は、硬化促進の役割を果たし、硬い丈夫な歯を作ります。

健康な歯を守り育てるには、フッ素の毎日の使用が重要なのですね



小さいお子様で気をつける事は。。。

・3歳くらいまでは、甘いお菓子(チョコや飴)は与えない。

・飲み物は、お茶や野菜ジュース

・おやつの時間は決まった時間にだけ与え、食べたら歯磨きを。

完璧にやるのは難しいですが、お子様の為にも親御さんがなるべく気をつけて上げてくださいね



間違った知識を持たれている方がいらっしゃるようですが。。。

母乳ではむし歯になりません

歯医者さんによっては、「添い乳はダメ!」「早めに卒乳しましょう!」なんて、言われる先生もおられるようですが、母乳でむし歯になったら、赤ちゃんはむし歯だらけでしょうね

無理に離さず、2歳くらいまで沢山飲ませてあげてください

母乳は、体の栄養だけでなく、心の栄養でもあるのですから


最後は、ちょっと話が反れてしまいましたが、私も2歳まであげましたよ












Profile
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ