練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ

「患者様に癒しの空間を」 そんな女性ならではの、サロンのようなクリニックを作るのが夢。 女らしく魅力的な女性になる為に、自分磨きも頑張ります!

コラム

元気になる一言


失敗して落ち込んだ時や将来に迷いを感じた時などに聞くと、元気になる一言を一部ご紹介


・ 人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている (伊集院静)

・ 成功の反対は失敗ではなく、「やらないこと」だ (佐々木則夫)

・ 何かを捨てないと前に進めない (スティーブ・ジョブズ)

・ この世に生を受けたこと。それ自体が最大のチャンスである (アイルトン・セナ)

・ 一番ダメなのは自分なんかダメだと思い込むだよ (ドラえもん)


新聞のコラムからの引用させて頂きました。


なるほど~。


全くその通りですよね。


他にも沢山ありましたが、私はこの5つに共感しました






「お大事にどうぞ」

新聞のコラムに、こんな事が書いてありました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「お大事にどうぞ」「お大事になさってください」

病院の診察を受けた時や、調剤薬局で薬を受け取る時などに必ず言われるほど、医療従事者にとっては必須用語です。

つまり、病気治療中の人に対して

「大切にしてください。むちゃしないこと。優先順位の一番は体が良くなることですよ」

という気持ちを

「お大事に」

の一言の中にぎゅう詰めにして届けるわけです。

病人の痛みや愚痴をよく聞き取り、別れ際に

「どうかお大事になさってください」

と心をこ込めて言えるようになりたいものです。

病人は気弱になっていますから、その一言が少しでもその人の力になれれば本望です。

このように別れ際の一言が相手に与える影響をよく考え、

「お大事に」

を大事に使っていきましょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先日、散歩中に知らないおばあちゃんとお話をしていて、別れ際に

「お大事に。。。いや。。。あ!じゃ、ど~も~!」

と笑ってごまかしました

何も考えずに口癖のように使っているのが、バレバレですよね

本当に患者様のことを思って、伝えなくてはいけない言葉ですね











Profile

Yu-ka

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ