今日のお花

2012061805530000


2012062307070000


2012061906280002











今日は、息子を耳鼻科に連れて行ったのですが、完全予約制なので事前に電話予約をしておきました


10時に予約しておいたのですが、呼ばれたのは11時


待合室に絵本などが置いてあるので、最初のうちはそれを読んで楽しんでいましたが、1時間もたてば飽きてきます


大人だってそうですよね~


そこの先生は、一人の患者に時間をかけて、ゆっくりと分かりやすく説明してくれるので、どうしても時間オーバーしてしまうらしく。。。


しかし、10~15分のオーバーならまだしも、1時間も待たせたら予約の意味があるのかな?

と疑問に思いました。





歯科医院は、基本的に完全予約制で、随時急患を受け付けるシステムが殆どですが、

やはり、極端に長い時間、患者さまをお待たせするのは、どうかと思います。


お待たせしても、15分が限度かと。。。


かといって、時間ばかりを気にして、患者さまへの説明がおざなりになり、流れ作業的になってしまうのも良くないですしね


しかし、濃い処置内容や説明が長くなってしまう場合は、どうしても次の患者さまをお待たせしてしまうこともやむ得ません。


知人の知る歯科医院では、予約制にも関わらず、2時間待ちは当たり前だそうです


その代わり、院長が丁寧な説明・処置を心がけているそうなので、患者さまも文句を言わず、ひたすら待つそうです。


おそらく、待てない方はよそへ行かれるのでしょうけど


極端に言いますが。。。

待たせず流れ作業的な診療 VS 待たすが親身な診療


あなたならどちらを選択しますか