練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ

「患者様に癒しの空間を」 そんな女性ならではの、サロンのようなクリニックを作るのが夢。 女らしく魅力的な女性になる為に、自分磨きも頑張ります!

風邪予防

貴重なネギ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;

練馬区の歯医者ゆうかデンタルクリニック
練馬区高野台5-19-11
0120-954-001
9:00~13:00、15:00~19:00
休診日:金曜日

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;


スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

練馬区の歯医者/ゆうかデンタルクリニックDr.Yu'ko

練馬区の歯医者/ゆうかデンタルクリニックDr.ゆかこ

練馬区の歯医者@歯科衛生士ゆうかデンタルクリニックMegumiの日記

練馬区の歯医者|ゆうかデンタルクリニックChisa's Blog

練馬区の歯医者/ゆうかデンタルクリニックmiwako’s diary
















練馬で2箇所しか作っていないという





「ネギ」

IMG_1241





患者様がわざわざ届けてくださいました!





普通、青い所は固いので切って捨ててしまいますが、これは柔らかいので、お鍋に入れても良し、ヌタにしても良し。





みかんに続き、風邪予防に最適ですね!





とてもありがたいですm(__)m










マスクの効用


パンでも貰ってるのかな?

2013012707280000


西にある沼へと移動中

2013012707280001








先日の「NHK ためしてガッテン」


今回のテーマは、「そのマスク、大丈夫?」


職業上毎日のようにマスクをし、風邪やインフルエンザの予防の為にもマスクを着用しますが、果たしてどれだけのウィルスのカット率があるのか


何も気にせず普通に着用している状態

BlogPaint

鼻・頬・顎に隙間があり、この状態だとウィルスのカット率0%


事前に鼻部分を山折り谷折りにして鼻に合わせ、マスクが大きすぎるようならばゴムを縛ってキツくして頬にピッタリ合わせる。

顎部分もマスクを伸ばして隙間をなくす。

BlogPaint

この状態で、ウィルスのカット率80~90%まで上昇


一箱に何十枚も入っているお徳用マスクでも

image


高性能マスクでも

image (3)

鼻、口まわりに隙間がなければ、どちらを使用しても同じらしいです。


鼻の中には「繊毛」と呼ばれるウィルスなどの異物を体内から除去しようとする毛が生えていますが、冬など乾燥すると繊毛の働きが鈍くなるので、マスクをすることで保湿され、繊毛運動が低下しないで済むそうです。


そして、マスクの表面には、ウィルスが付着しているので、使用後のマスクをポケットに入れたりしない。


自宅に入る前に、マスクの表面部分を触らずに捨てることが、家の中にウィルスを持ち込まない為にも重要だそうです。


マスクが風邪やインフルエンザの予防になることは分かりましたが、汚い手で何かを食べたり、つい癖で鼻をいじったりすると、そこからウィルスが体内に侵入してしまうので、まめな手洗い・うがいも大切ですね





Profile
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ